社会不安障害の症状:生きるのが辛い、でも笑えたら大丈夫

ブログの見出し説明





いらっしゃいませ。

おてもやんです。

タイトルに書いた「笑い」です。

最近全く泣けません。

最後に泣いたのは、去年の6月でした。

邦画を観て号泣。

良い映画でした。

「湯を沸かすほどの熱い愛」

まだ観ていない方は是非!

ドラマを観ても、映画を観ても半年も泣けてないのです。

うつ病の時は何もなくても泣いていたのに。

泣いたらストレス発散出来るのを知っているので泣きたいです。

そこで閃きました!

「泣けないなら、笑えばいいじゃない!」

で、お笑い番組ばかり観るようになりました。

好きな芸人さんは。

・メイプル超合金

・カミナリ

・バカリズム

・笑い飯

・和牛

・バナナマン

・東京03

もっといるけど、たくさんで書けません!

第一位はカズレーザーですけどね。

昨日の夜はゴットタンの「マジ歌」を観ました。

一通り観た後。

カミナリの「ギクシャクジーザス」を約10回。

バカリズムの「恋のパステルカラー」を約5回。

繰り返し観ました。

これだけ繰り返しても笑えるんだから、本当に面白いんだなと思います。

「マジ歌」は腹筋崩壊ですね!

多分、今夜も観るでしょうね(笑)

泣けなくても、笑えているうちは大丈夫だなと思ってます。

生きていくのは辛い。

何が辛いのかわからないけど、苦しくて消えてしまいそうになる。

でも、笑えているうちはまだ大丈夫。

誰も頼る人はいないけど、不安でいっぱいだけど。

大丈夫。