読書:浜口倫太郎著「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」あらすじ・感想

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

今回もおすすめ本の紹介です。

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」

〜あらすじ〜

帝談社に突如現れた・曾根崎雅人。

彼は美しい青年で、預かった原稿は巧みな文章。

その原稿の内容は、22年前に実際に起こった連続撲殺事件を詳しく記載されたものだった。

彼は自分が犯人だと告白したのだ。

〜感想〜

スピード感のある文章から、やるせなさと元には戻れないジレンマ。

すごく骨太で、繊細。

どんでん返しもあり、読んだ後の満足感がすごかった。

読みやすいので、スイスイ読める。

原作が気に入って、映画も観てます。

原作の中から、殺人事件だけを抜き出してまとめた感じ。

曾根崎雅人の女性担当編集者目線は映画では一切描かれないのが、とても観やすい。

すぐに物語に引き込まれるのは、俳優さんが豪華だからかな。

藤原竜也さんは、すごーくカッコイイです(*´∀`*)