セレーナゴメスも苦しんだ全身性エリテマトーデスとは

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

今日は「ラ・ラ・ランド」を観ました。

いや〜久しぶりに泣きました.・゚・(ノд`)゚・.

「あの時こうしてたら、こうなってたよな」 って思うよね。

自分の過去と完全一致して泣きました。

でも、私は後悔はしていないので大丈夫です!

先日ニュースで知ったのですが、セレーナ・ゴメスが「全身性エリテマトーデス(SLE)」で闘病していたようですね。

何よりびっくりしたのは、社会不安障害(SAD)・うつ病・パニック障害も「全身性エリテマトーデス(SLE)」の症状の一つだそうです。

↑上が、私が見たネットニュースです。

SLEとは、自分に抗体ができてしまう自己免疫疾患のひとつ。発熱、全身倦怠感などの炎症を思わせる症状と、関節、皮膚、そして腎臓、肺、中枢神経や内臓など、様々な症状が一度にもしくは経過とともに生じる。原因は、今のところわかっていないが、免疫の異常が関係するとみられている。日本では、難病にも指定されている。ロイターによると、アメリカ人の患者は現在約150万人。15〜44歳の女性が多いという。

引用:セレーナ・ゴメス、全身性エリテマトーデスの治療で休業へ

私は社会不安障害(SAD)だけでも、「辛い!辛い!」と何年も言っているのに。

全身の炎症や倦怠感もあったらもっともっと辛いだろうな。

しかも原因不明.・゚・(ノд`)゚・.

社会不安障害(SAD)の症状が重いのであれば、人前に出る仕事は本当に辛かったと思います。

私もちゃんと治して、やりたいことリストを一つでも多く実現したい。