カウンセリングの効果 うつ病 社会不安障害

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

うつ病や社会不安障害(SAD)の治療をしたいけど病院に行けない。

病院に行きたくない。という相談をよく受けます。

その場合は「出来るだけ体調が良い時に病院の予約して」とアドバイスします。

心療内科や精神科は、ほとんどの病院が完全予約制です。

私が通院している病院は、開業したばかりだった事もあり、特別に診察して貰えましたが、今は患者さんの数が多くなりなかなか予約が取れない病院になってます。

もう1つ、相談を受けるのが「カウンセリングって効果ありますか?」

これは結構多いです。

みなさん経験があると思いますが、「人に話すとスッキリする」。

だからカウンセリングに通えば、うつ病や社会不安障害(SAD)が克服出来るんじゃないか?

そう思う方も多いですね。

社会不安障害(SAD)とうつ病の経験者として話をすると2択です。

・自分の話を聞いて欲しい人→対面カウンセリング、電話相談

・症状(震え・緊張・意欲減退など)があり生活に影響がある→心療内科、精神科

もちろん、病院の指示でカウンセラーと話をする事もあります。

私も以前は勘違いしていたのですが、精神科医は悩みなどを聞く仕事ではないのです。

私の担当医は、現在の体調、今後どうしたいか、薬の副作用の相談。

これらは本当に熱心に話を聞いてくれます。

でも、「医療で改善出来ない不安(お金の事とか)」「家庭環境の事」。

こんな話をすると、スッと話題を変えます。

自分が担当すべき仕事をキッチリと分けています。

そうしないと、予約している他の患者さんを待たせることになります。

話を聞くなら、専門のカウンセラーに任せた方が効率が良いんですよね。

それを知らずに「担当の先生が話を聞いてくれない」と言う人もいます。

なぜ私がこんなにハッキリと言うかというと。

私は心理カウンセラーの資格を2つ持ってるからです。

メールによるカウンセリングをしていました。

自分がカウンセラーの勉強をしているので、カウンセリングでは病気は治らない事を知っています。

ただ、話がしたいのであればお金を払って専門カウンセラーに話を聞いて貰うのも良いと思います。

まずは、自分で判断するのはやめましょう。

うつ病や社会不安障害(SAD)は、我慢強い人、頑張り屋さんがなりやすい病気です。

病院に行くのが嫌な気持ちは私も経験しています。

病院へ行く前に、ネットで病院の口コミをチェックして予約しましょう。

カウンセリングを受けるよりも、医者に診断して貰った方が金額が安いですし、カウンセラーは医療従事者ではありません。

診察に行った時は、担当医と自分が同じ目的を持って進んでいけるのか。

お互いの相性を出来る限り確認するようにおすすめしてます。

医師も人間ですからね。合わない事もあります。

現在、私はカウンセラーの仕事はお休みしていますが、アドバイスでしたら無料で出来ます。

誰にも相談出来なくて困ってる方限定にさせて頂きますが、右側にある「お問い合わせ」から連絡頂ければ、体調に合わせてお返事しますね。