歯科恐怖症が治った話

ブログの見出し説明





いらっしゃいませ。今日も寒いですね。

おてもやんです。

今日は歯医者に行って来ました。

歯医者嫌いなんですよね。子供の頃から大嫌いなんです。

嫌いって言うか、すごい不安で恐怖心でいっぱいになります。

当時、4歳くらいかなぁ。

乳歯が虫歯になって穴が開いた時、痛くて痛くて泣いてたんですよ。

私の親はある意味、今で言うネグレクトや虐待の部類に入るんだけど、泣いている私の虫歯の穴に正露丸詰めて「寝れば治る!」って言った!!

もうね、臭いし苦いし痛いしで眠れないって。

で、歯医者がヤブで虫歯が抜けず「永久歯が生えるから大丈夫」って帰された。

酷いよね。

それで、大人になって、どんどん歯医者に行くんだけど、田舎だからかヤブ医者が多くて、そして痛いし怖いし。

麻酔も痛い。表面麻酔しても痛い。

歯を金属の棒でガリガリされるのも、鳥肌が立ってヤダ。

ずっと口を開いてるとアゴが疲れる。

ずーーーーーっと歯医者が嫌い。

で、いつからか、歯医者に行く前の日は、怖くて眠れないし。

診察椅子に座るとガクガク震えるし、治療費は高いし。

もう本当にイヤ。

社会不安障害(SAD)になってから、極度の怖がりになりました。

家に居ても怖い。外出しても怖い。

電話の音が怖い。無音でも怖い。

生きていくのが怖い。

将来が不安で怖い。

何もかも怖いのは社会不安障害(SAD)の症状ですね。

4年くらい前かな。

ブリッヂが壊れて、今お世話になってる歯医者に初めて行ったら、もうブリッヂ出来ない程根っこが傷んでるって言われて、部分入れ歯かインプラントかの二択だよって。

部分入れ歯は構造的にちょっと難しい位置で、インプラントは高いし怖い。

でも、どっちか選ばなきゃいけなくて思い切って借金してインプラントにした。

それで、見積もりの時に「おてもやんさんは骨が薄いから、人工骨移植するよ」って言われて、通常よりプラス10万円高かった。

その理由が「乳歯が生えている時のケアが悪いと、歯が生える骨が育たないんだよ」って。

「おてもやんさんが大人になってから歯医者に通って、頑張って治療したのは良くわかるよ。でも子供の時にきちんと治療しないとダメなんだ」って。

毒親のせいでインプラントになったのに、さらに毒親のせいで人工骨移植かよ!

しかもうつ病も「子供の頃育った環境が原因」って言われたし、もう暴れてやろうかレベル!!

まあ、この話は別で話すとして。

私が歯科恐怖症を克服したのは、歯医者さんとの信頼関係。

それしかない。

毒親にずっと裏切られ続けてたから、人を信用出来ない私が他人を信用するまでに時間が掛かった。

道のりは長かったけど、最初から「歯医者怖いんです。痛みに弱いです」って申告した。

「歯医者好きな人いないですよね。みんなそうですよ」って、歯医者さんが笑ってた。

すごく感じが良くて、治療頑張ろうって思った。

でも、痛いもんは痛いし、怖いもんは怖いよ!

4年通って、インプラント手術も何回かして、先生やスタッフさんが、今まで通ったどこの歯医者よりもプロフェッショナルだとわかったから安心した。

安心するまで4年かかった(笑)

麻酔が痛いのは、ほんの数秒。

麻酔しないと痛そうな治療の時は自分から「麻酔して下さい」とお願いする。

歯医者さんも私の「歯医者嫌い」を知ってるから、ちゃんと気を使ってくれる。

結果。「歯科恐怖症」を治すには、治療を予測する経験値を積む事、ちゃんと説明してくれる歯医者に通う事、歯医者と信頼関係を築くことが大事!

なんだよ、そんな事かよって思った人、ゴメン。