読書:堀江貴文著「ゼロ」・感想

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

本日のおすすめ本は堀江貴文さんの「ゼロ」

私は堀江貴文さんが好きで、本を買っては読んでいます。

ただ、この本には思い入れがあります。

ちょうど本屋さんに「ゼロ」が並んでいた頃。

本を買いたくても買えないくらいお金に困ってました。

毎日仕事の帰り本屋さんで少しずつ立ち読みしてました。

すごく惨めで、すごく悲しかった事を覚えています。

立ち読みしようにもこの本が売れてしまい、本屋さんからなくなってしまいました。

本が買えるように頑張ろうと強く思いました。

それから時間はかかりましたが本を買えるようになって、「ゼロ」だけは新品で買って、堀江さんに利益が出るようにしようと思いました。

堀江さんを「金の亡者」という人がまだいる事が残念です。

この「ゼロ」を読むと、人間臭い、堀江さんが見えます。

〜当時の私の感想〜

ホリエモンはやっぱり熱く、寂しがりやで好奇心の旺盛な人だった。

私も少しずつ少しずつ前に進んで行きたい。

良い本だった。