社会不安障害の症状:対人恐怖・孤立・孤独

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

毎日、たくさんの方にブログを読んでもらって嬉しいです。

ありがとうございます!

質問等ありましたら、コメント欄へどうぞ。

私の体調次第でのお返事になりますが、よろしくお願いします。

社会不安障害(SAD)の症状として「人が怖い」「人と関わりたく無い」という人が多いですね。

私も、対人恐怖症・飲み会が疲れる・集団が怖い・緊張感が強い・汗をかく。

などの症状で悩みました。

誰にも会わず、1人でいると気が楽です。

でも、孤独感・社会から孤立しているような感覚になります。

ひとりが良いけど、ひとりぼっちは不安・・・

ちょっと矛盾していますが(笑)

孤独や孤立感を全部なくす事はとても難しい事だと思います。

ただ、私が友達もなく、ひとり暮らしをして、病気と闘いながら、かろうじて生きているのは、子供の頃の家庭環境にあります。

子供の頃は、三世帯が同居する7人家族でした。

そこから母親が出て行き6人に。

家を仕切っていたのは、意地悪な祖母でした。

私はずっと祖母からいじめられ、父親も兄弟も私を助けてはくれませんでした。

私は7歳から家庭内で孤立し、ずっと孤独でした。

学校では、話の合う友達がいませんでした。

友達に合わせて遊んではいますが、私は夕方になると夕食の支度をしなくてはいけません。

友達は家に帰ったらご飯を食べて寝ますが、私は家に帰ると夕食の支度をし、後片付けをし、家族の中で1番最後にお風呂に入り、お風呂の掃除をしなくてはいけません。

同じ歳の子が幼く見えましたし、逆に羨ましかったです。

大人になって母親と一緒に住むも、裏切られて人を信用出来なくなりました。

友達や仕事の先輩と仲良くはしたけど、心を全開に開く事は一度もありません。

怖くて信用出来ない。

もしくは、信用し始めたのに裏切られる。

子供時代から孤立と孤独の辛さを味わっているので、今の孤独や社会からの孤立、頼る人がいない不安にも耐えられるんだと思います。

耐えられるというよりは「慣れ」ですね。

期待も依存もしなくなれば楽です。

私は私、人は人。

一見するとドライですが、アドラー心理学にもあるように「自分の問題と相手の問題を混同しない」事が大事です。

親子・家族は1番近い『他人』です。

お互いの人生を邪魔しちゃいけません。

孤独の先に何があるのか、私にもわかりません。

これからも孤独でいる事は確かなので(笑)

何かわかったら、またご報告します。