SIBO(シーボ)の治療法・治療薬【自力で治した体験談】

SIBO(シーボ)を自力で治した全記録【体験談】

「腸活」という言葉が広まっていますが、腸内環境に悩んでいる人はたくさんいます。

私もその1人でした。

4年間、社会不安障害を治療する為に投薬治療をしてきました。

薬の副作用はネットで調べただけではなく、実際飲んでみないとわからないものが多いです。

その1つに便秘がありました。

子供の頃から便秘体質だった私は、社会不安障害克服に向けて腸内環境を改善する事にしました。

一般的な「腸内環境改善法」は日本人全てに当てはまるものではないのを知っていますか?

従来の「腸活」をして逆に腸内環境が悪くなる体質の人がいる事を知っていますか?

あなたの「腸活」は本当に正しい腸活ですか?

※私が取った方法は本を読み、自己責任で実施したものです。

あくまでも体験談ですので真似しないでください。

SIBO(シーボ)を自力で治した治療法・治療薬【SIBO治療の参考にした本】

社会不安障害の症状が少し良くなり自炊をはじめました。

それまでは食事を摂るのも出来ないくらい寝たきりの日が続いたので何を食べるかで悩みました。

その結果、腸内環境を良くしようと発酵食品を多く食べることにしました。

「腸内環境改善」とネットで調べると発酵食品の情報がたくさん出てきます。

今や「腸活」は当たり前です。

私は手作りでぬか漬けと甘酒を作り、納豆・キムチ・ヨーグルト。

発酵食品をたくさん食事に取り入れました。

最初に効果があったのはぬか漬け。

便秘が解消し体が軽くなった感覚は爽快でした。

が、。

それも長くは続きませんでした。

次第に下痢と便秘を繰り返すようになりました。

お腹が張って苦しく、お腹が空かなくなり食欲もなくなってきました。

では、もっと乳酸菌を!!

知識の無い私は乳酸菌サプリを大量に摂ることにしました。

SIBOを知っている人なら目を覆いたくなる状況ですが、何も知らない私はさらにお腹の張りとゲップに泣きたくなる日が続きました。

そしてこの本に出会いました。

江田証著

「小腸を強くすれば病気にならない」

江田先生の本に書かれている症状は私そのものでした。

発酵食品を摂ることが自殺行為になっていたのです。

本を何度も読んで納得した私は、SIBOを治療してくれる病院が近くに無いことから、自力でSIBOを治してみようと行動をはじめました。

ガス腹を解消する食事法

江田先生の本には、SIBOを治療するための7つのステップが書かれています。

その1番最初が「食事法」です。

低FODMAP(フォドマップ)を見ると私の好きなものはほとんどが高FODMAP。

残念な気持ちもありましたが健康優先と思い、まずはグルテンフリー生活を始めました。

そして4週間程試した後、効果があったのでグルテンフリー生活は続ける事にしました。

食生活を変えてから体が楽になりましたが、それでもお腹の張りと膨満感、ゲップにしばらく悩まされました。

リファキシミンを使用

食生活を変えてもしぶとく残る症状が辛く、次のステップ【抗生物質を使う】へ移行する事にしました。

問題は江田先生の本に記載のあるリファキシミンをどうやって手に入れるか・・・

ネットでずいぶんと検索しましたが、答えはすぐそこにあったのです!

いつもお世話になっているオオサカ堂に取り扱いがありました。

Rcifax200mg(リファキシミン)

すぐに取り寄せて自己責任で飲んでみました。

最初は1日2回一錠ずつ。

徐々に江田先生の本に書いてある量を目指しました。

しかしダイオフが激しく、飲んだ後に寝てしまう日も多くなりました。

そして2週間を目安にリファキシミンを服用。

本に書いてある量の半分程度の摂取しか出来ませんでしたが、長期服用は良く無いと判断し一旦リファキシミンの服用は中止しました。

ガスモチンを服用

リファキシミンを服用しながら、江田先生の本の次のステップ【腸管運動促進剤を進む】へ移行。

いくつか種類が記載している中、オオサカ堂で取り扱いのある「ガスモチン」を取り寄せました。

ガスモチン5mg

ガスモチンは寝る前に一錠を服用。

抗不安剤や抗うつ剤を飲むと胃腸の動きが悪くなるのですが、ガスモチンを飲むと胃腸が動き自然にお腹が空くようになりました。

SIBO改善のタイミング

Rcifax200mg(リファキシミン)の服用を終了してから1週間後、ガスモチン5mgのみ寝る前に服用していた時、お腹の張りとゲップが治っている事に気がつきました。

それから日を追うごとに症状は軽くなりました。

ガスモチン5mgの長期服用も良く無いだろうと、一箱飲み切った時に服用を中止しました。

それでもどんどんと良くなっていき、便秘も改善してきました。

低FODMAPにしたがって食生活を続け、菜食中心から肉食中心に変更。

野菜をあまり摂らなくても快便になると、一般的な「便秘解消法」は私の体質には合わないことが良くわかります。

おそらく野菜の繊維を胃から小腸、大腸へ上手に移動する力が無いのにたくさん野菜を食べて、胃腸の負担を重くしていたのだと思います。

個人的な感想ですが、Rcifax200mg(リファキシミン)の服用と同時に良くなってくるのではなく、服用後少し時間が経ってから体調が良くなったと体感するようです。

即時に菌を殺すわけではないんだなぁという感想です。

それから1ヶ月以上過ぎ、SIBOは再発していません。

現在は少量のパンやケーキを食べても全く問題のない体になりました。

しかし、ここで気が緩み以前と同じ食生活をすると再発しそうです。

SIBOの再発率が高いのはやはりパン・ケーキ・焼き菓子・うどん・パスタなど、魅力的な食べ物が手の届くところで販売しているという事もあります。

全てを我慢し続けるのも大きなストレスになるので、適度に楽しみつつ健康的に日々過ごしたいと思います。

余談ですが、社会不安障害の症状も落ち着き、減薬や断薬、就労許可まで出ました。

やはり食生活は社会不安障害にも大きな影響を与えているのだと思います。

現在は体調も良いことから、チャンネル登録者様限定で無料相談を受け付けています。

私の社会不安障害が大きく改善したのはYouTubeで応援してくださっている登録者様のおかげです。

少しでも皆様に恩返しが出来たら嬉しいです。

Rcifax200mg(リファキシミン)

ガスモチン5mg