落ち込んだらやりたい事リストを書いて前を向こう!

ブログの見出し説明

こんにちは。

ちえちです。

社会不安障害と診断されてから4年が経ちます。

最近は少し体調が良いですが、社会復帰はまだまだ遠そうです。

私が社会不安障害と診断された時には、当事者の心の叫びやアドバイスが読めるネット記事や書籍がありませんでした。

専門家の本を読んでも、私の症状と一致しない事、治療方法が多数ある事から、あまり参考になりませんでした。

そこで、社会不安障害の先輩として、少しずつ失敗した事や成功した事などを書いて行きたいと思います。

前の記事




やりたい事リストを書くと前を向ける

やりたい事リストって知ってますか?

自分のやりたい事を文字にする事によって、自分の考えや生きる方向性などに気がつく事ができます。

こうして書くと、なんだか自己啓発みたいですよね(笑)

私も体調が悪くて仕方がない時はこういった記事に対して不信感しかありませんでした。

「意識高い系の人がやる事」「キラキラした女子がやる事」

そう思って見向きもしませんでした。

以前のブログでも「やりたい事リスト」の記事は書いたのですが、その後も体調不良になったので、「やりたい事リスト」には病気を治す力はありません。

しかし、体調不良のどん底の中で、やりたい事リストを書いていると自然と苦しいことを忘れる時間があります。

今、辛くてそんなことやってられないよ、という方はとにかく体を休めて下さい。

少しでも余裕のある方は暇つぶしにでもやってみませんか?

やりたい事リストの書き方

書き方はいたって簡単です。

やりたい事を100個書くだけです。

病気とかお金とか関係ありません!

もし、魔法使いに「100個の願い事を叶えてあげるよ」と言われたら何とお願いするかだけかんがえましょう。

大事なのは、考えるだけではなく書き出す事。

手書きが好きな方はノートや手帳に。

思い立った時にすぐ記録したい方はスマホのメモ帳に書く事をおすすめします。

狙いは自分の思いを客観的に見る事です。

ちえちのやりたい事リスト

行きたい場所

1・いきなりステーキ

2・上野動物園

3・オニツカタイガーの専門店

4・アンコールワット

5・サグラダファミリア

6・タージマハール

7・タイ

8・エジプト

9・イースター島

10・トルコ

11・ナスカの地上絵

12・豪華客船で世界一周

13・縁切り神社

欲しいもの・やりたい事

14・たくさんのねこ

15・またミニクーパーを所有する

16・高価な化粧品一式

17・専属マッサージ師

18・引っ越し

19・ピアノを習う

20・ボイストレーニングに通い音痴を直す

22・いつでもミュージカルを特等席で観る権利

会いたい人

23・カズレーザー

24・堀江貴文

25・はじめしゃちょー

気づいた事

100個も思いつかない!!

そして23〜25以外はお金で解決できる。

ということは、私はやりたい事が少なく、お金があれば大抵の事は解決する。

つまりは「お金を稼ぐと幸せになれる!」

自分を客観視した結果ですね(^_^)

私は「お金は汚い」「お金が欲しいと言うのは汚い人間」と刷り込まれて育ちました。

自らがお金を避けて生きてきたように思います。

もっと、お金の勉強をきちんとしていれば、この中のいくつかはすでに叶っていますね。

やりたい事リストからわかるように、私が私を幸せにするには「お金を稼ぐ事」。

23〜25は運が良ければ叶うでしょう!

とても簡単ですので、皆さんも是非やりたい事リスト書いてみて下さい!

目の前に魔法使いや神龍がいる事を想像しながら書くとワクワクしますよ。

次の記事