社会不安障害の症状改善傾向:読書が楽しめるようになってきた

ブログの見出し説明





こんにちは。

おてもやんです。

今日は少し明るい気分で書いてます。

社会不安障害(SAD)の症状が少しずつ改善されてきています。

以前の記事

突然趣味が楽しめなくなり、大好きな読書も出来ずに落ち込む日々でした。

最近は精神的にかなり落ち着いてきています。

そして気がつきました。

なんと「kindle」なら本が読めるのです!!

いわゆる電子書籍ですね。

ちなみに、今「Kindle Unlimited」に登録すると、キャンペーンで2ヶ月間99円で利用出来ます。

本が読めなかった

社会不安障害(SAD)の症状が重症の時。

「死にたい」と思いながらも、ハードなミステリー小説を読んだりしていました。

以前からハードなジャンルが好きだったのですが、さらにハードになりました。

そして突然、本が読めなくなった・・・

家には、まだ読んでない本が50冊以上あるのに。

今までは「1ヶ月、本代1万円生活」をしていたのに・・・

絶望です。

私は何をして生きていけばいいのだろうか?

本当に苦しかったです。

さらに追い打ちをかけたのが、たった1つだけ出来る趣味が出来なくなった事。

理由は、「ハマり過ぎてもっと勉強したくなり本を買った」

その本は家でパラパラとめくるだけで結局読めず、その後に趣味も全く出来なくなりました。

「本の怨念か!!」って思いました(笑)

本当に本が読めないの?

体調が良くなった事もあり、思考回路が少し復活した時がありました。

(通常は薬の副作用や社会不安障害(SAD)の症状で脳がバグってます)

趣味が出来なくなったので、1日中スマホやPCでYouTubeを見たりネットニュースを見たり、ネットニュースで気になったコラムを読んだりしていました。

で、気がつきました。

「スマホなら文章読めるじゃん!!」

久しぶりにスマホのKindleアプリをタップしました。

kindleの端末を触るのはまだ早いような気がして、いつも使っているスマホで実験です。

最新のKindleは防水もあるようですね。

すると、気になっていたビジネス書やコミックエッセイや小説などなど。

まるで「餓えた○○」みたいに次々と読み漁りました(笑)

「本」と一口に言っても、紙の本も電子書籍「kindle」と書いてあることは同じです。

私は紙の本の方が昔から好きなのですが、好きな紙の本が読めなくなるなんて不思議ですよね。

これも社会不安障害(SAD)の症状なのかな。う〜ん・・・

成功体験を積み重ねたら症状が軽くなった

不思議な体験ですが、しばらくは「kindle」で本を読もうと思います。

こうして手段を変えながら少しずつ社会不安障害(SAD)の症状を改善させていく事で、成功体験の積み重ねになります。

成功体験の積み重ねは「自分に自信がつく」「自分の存在価値が上がる」「生きている意味がある」

など、精神的にプラスに働きます。

私はこうして少しずつ「○○出来るようになった。私すごい!」と自分で自分を褒めるようにしていました。

(褒めてくれる人はいませんので・・・)

今、体調が安定しているのも「レクサプロ」が体に合ってきたのと、自分を褒める事の積み重ねだと思います。

今日も「kindle」で読書するぞー!!