胃がんの原因ピロリ菌の検査をしよう!:その1きっかけ

ブログの見出し説明





こんにちは。

おてもやんです。

以前から話題になっているピロリ菌。

胃がんの原因のほとんどがピロリ菌感染だそうです。

胃がんの原因ピロリ菌の検査をしよう

ピロリ菌の事はネットやテレビを通じて知っていました。

最近では堀江貴文さんが「胃がんを防ごう!」と本を出版されています。

私は堀江さんのTwitterをフォローしているので、この本の事は知っていました。

堀江さんの本がきっかけでピロリ菌検査をした方のツイートも見てます。

「ピロリ菌検査をして良かった」と堀江さんに感謝してるツイートも、もちろん見ています。

知っていながらどうして検査をしなかったかというと・・・

「生きることに執着がなかったから」

私は社会不安障害(SAD)で生きていても楽しくなんてないから、別に胃がんになって死んでもいいと思っていました。

なんなら自殺するくらいなら病気で死んだ方がいいかも?なんて思っていたんです。

私の心を動かす出来事

そんな中、山本KID徳郁さんが胃がんで亡くなった事を知りました。

もう、言葉にならないほどショックでした。

KIDさんは私が専業主婦の時に活躍していました。

私は須藤元気さんのファンだったのですが(; ^ω^)

魔裟斗 VS KIDの試合は本当に興奮し感動しました。

私が元夫と一緒に楽しんでいた事の1つでとても思い出深いです。

そんなKIDさん。

私とほぼ同い年です。

本当に残念です。

『ピロリ菌検査をして、除菌していたらもしかしたら・・・』

と思っていたら、堀江さんが似たような事をツイートしていてニュースになっていました。

「もっとピロリ菌検査の事を広めれば、救える命はたくさんある」

こんなツイートをしている方。

「胃がんの99%はピロリ菌が原因です」

とツイートしていた医師の方。

それを見て思いました。

「何やってんだ、私!」

ピロリ菌の検査をしようと決意しました。

でも、病院が大嫌い。

人に会いたくない。

社会不安障害(SAD)の症状を言い訳に検査を拒否しようとしている自分もいました。

〜つづく〜