ほくろを除去したい!その1:悩んだ20年間

ブログの見出し説明





こんにちは。

おてもやんです。

私は子供の頃からほくろに悩まされてきました。

ほくろに対するコンプレックスは大人になるごとに強くなっていきました。

「ほくろを除去したい!」20年以上抱えたコンプレックスを解消すべく奮闘した記録です。




私のほくろについて

私の身体には無数のほくろがあります。(自分では数えられない)

顔だけでなく、夏服を着ていて露出する腕や足にもほくろが多いです。

特に顔には24個ほくろがあります。

それも目の下からアゴのラインの範囲で19個。

何故そんなに目立つ所にほくろが多く出来るのか謎です。

私のほくろは数が多いだけではなく、大きいほくろも多数あります。

他人は気にしてないと思いますし、普段自分でも見えないので気になりません。

気になるのは写真を見た時。

人間は自然と自分の都合の良いように脳内変換して視覚情報を得ています。

鏡で自分の顔を見た時には勝手に脳内変換して見ているのでほくろは気になりません。

しかし写真に写ると、他人の目線で見る事が出来る為ほくろがとてもとても目立ちます。

20歳頃から周りにカメラ好きな人達が現れたので、自分の写真をよく見る機会が増えました。

嫌という程、ほくろが多い自分の顔を見る事になったのです。

ほくろ除去に悩んだ20年間

悩んでも何も出来ないまま月日が流れました。

インターネットを知り、パソコンを買ったのが20歳。

その時は今のようにたくさんの情報を得る事が出来ませんでした。

ネットが普及し始めたのがそれから約10年ほど経ってからでした。

ネットで脇の脱毛の情報を得た私は早速美容皮膚科へ行きました。

そこで医師にほくろ除去について聞くと「3つで5000円で取ってあげるよ」と言われました。

何となくその医師の口ぶりが信用出来なかったので、そこではほくろを除去しませんでした。

それからネットでほくろ除去について情報を集め始めました。

ほくろ除去しても再発するの!?

その頃に得た情報では、ほくろ除去はレーザーで焼くのが主流でした。

レーザーで焼いた部分がカサブタになって、自然に取れると綺麗な皮膚が現れるというもの。

しかしレーザーで焼くとほくろが再発するケースが非常に多いようです。

ほくろは皮膚表面から深い所に根があって、表面だけ取っても根が残っているとまた表面にほくろが出来る仕組みだそうです。

その情報を知った時にはすごく怖かったです。

ほくろは生き物で、私の体の中に住んでいる寄生虫のように感じました。

また、ほくろは癌化するとかしないとか・・・

ネットやテレビでの情報が錯綜し、何が真実なのかわからない。

悩む日々に出た答えは「ほくろを残しておく理由が無い」という事でした。

ちなみにホクロ占いをすると非常に波乱万丈な結果になります(笑)

続く・・・