ジェイゾロフトからレクサプロへ移行計画・その2

ブログの見出し説明





こんにちは。

おてもやんです。

この記事の続きです。

社会不安障害(SAD)の投薬治療に関する記事はコチラ

レクサプロの副作用・昼寝

前回の記事を書いた時点では、レクサプロの副作用がほとんど無かったです。

それが、レクサプロを服用していくうちに副作用が出てきました。

1つ目の副作用は「昼寝」

ほとんど毎日昼寝してしまいます。

最初は椅子に座っていられないほどだるくなりました。

横になるとそのまま2〜3時間寝てしまいます。

でも、夜は夜でちゃんと睡眠出来ます。

担当医に相談すると「薬が効いている証拠だから、そのまま様子を見ましょう」との事でした。

それまでは「昼寝 = 悪い事」と罪悪感があったのですが、今は「副作用だから」と気にせず寝るようにしています。

一度、無理して昼寝をしないでいたら、21時に眠気が来て寝てしまい就寝前に飲む薬が飲めず。

夜中に目が覚めて薬を飲んだりしていて、生活のリズムが狂い出した事がありました。

昼夜逆転を直すのは大変なので、それなら昼寝をした方が体には良いですね。

レクサプロの副作用・便秘

普段はさほど便秘はしない体質です。

それが、全く出なくなりました。

腸のマッサージをしても効果無し。

この記事で紹介したネクサバイオティックを飲んでも効果無し。

ネクサバイオティック購入ページ

久しぶりの酷い便秘に苦しみました。

便秘になると食欲が無くなり、無理に食事をした後はお腹がパンパンに張ります。

胃の下半分から腸までが全く機能していないような感覚でした。

全てのやる気も失せて、ただただゴロゴロしているだけの生活になってしまいました。

診療日に担当医に相談してアローゼンが処方されました。

アローゼンに期待を込めて3日ほど服用するも効果無し(笑)

下剤も効かない状況にトイレで落ち込みました・・・(ー_ー;)

で、思い出したのが、某コンビニのアイスカフェラテを飲むと必ずお腹を壊す事。

味は美味しく大好きなのですが、お腹を下すのでたまにしか飲まないようにしていました。

買い物に出た帰りにコンビニでアイスカフェラテを買い、飲み始めて30分後に無事出ました(笑)

それから少しずつ便秘は改善されているので、アローゼンの服用はやめています。

まさか下剤よりも腸を動かす効果のあるアイスラテがあるとは(; ^ω^)

ジェイゾロフト減薬開始

副作用はありますがレクサプロを服用してから、体調の波の振り幅が狭くなって来ました。

そこで服用しているジェイゾロフト二錠のうち一錠が減りました。

このまま様子を見ていって問題なければ、完全にジェイゾロフトは処方されなくなると思います。

ただ心配なのは、処方されているレクサプロが1/2錠だという事。

この量で副作用が出ているので、レクサプロの処方量が増えるのが心配です。

減薬や処方薬の変更は時間が掛かります。

副作用に体調が振り回されたり、気持ちが落ち込むこともたくさんあります。

でも今の私には社会復帰の為、頑張るしか道は無いようです。

次の記事