減薬:薬が増えた・・・

ブログの見出し説明





こんにちは。

おてもやんです。

現在減薬中です。

体調をみながらの減薬ですので、スムーズにはいきません。

精神疾患の減薬は辛いものがあります(T-T)

前回の記事はこちらをどうぞ

減薬から2週間後の体調

減薬して2日くらい経つと、以前より体が軽くなり頭がスッキリとしました。

意欲も湧き、サクサクと思った事を進める事が出来ます。

はい。ここまではいつも通りです。

私の場合、減薬すると一時的に体調が良くなります。

この時点で離脱症が出ない場合は、さらに減薬へ進みます。

が、さらに減薬するとここで落とし穴が待っています。

大丈夫と思って減薬を進める事で離脱症が出始めます。

今回はそれが1番の心配でした。

減薬してから10日程経つと、めまいに似たふわっと感が時々出ます。

そして眠れない。

23時に布団に入って、3時まで眠れない。

ルネスタを飲めば良いのでしょうが、眠剤を飲んで寝落ちするまでの間が怖い。

まだルネスタが家にあるけど飲まないようにしていました。

もう1つは昼寝。

ずっとイスに座っているのも辛いので座椅子に横になると2〜3時間くらい寝てしまいます。

減薬前はそれでも夜眠れていたので過眠だったのですが、今回は明らかに睡眠に異常をきたしています。

そして、社会不安障害(SAD)の症状である、不安・緊張が強く出てきました。

未来の事、お金の事、仕事の事、借金の事・・・

自分で自由にコントロール出来ない事を悩んでも何も解決しないのはわかっています。

でも、思い悩んで苦しむのが社会不安障害(SAD)なんです。

通院日。薬が増えた・・・

上記の症状を細かく説明。

いつものように、どの薬を組み合わせて行ったら良いのか担当医は真剣に考えてくれました。

私の意見を尊重し、眠剤は処方されませんでした。

担当医曰く、私の体質は薬が効きやすく副作用が出やすいとの事。

なかなか落ち着かない体質のようです。

真剣に考えている担当医を見ると、申し訳ない気持ちになってきました。

普通に考えたら、医師と患者なので私に非はないのですが、「自分の体質のせいで先生を困らせている」と自分を責めるのは社会不安障害(SAD)の症状ですね。

そして、デパスが処方されました。

睡眠が安定すると日中の症状も安定するとの事。

デパスは通院始めに処方されたのですが、1日3回飲んでふらついた為処方終了になりました。

今回はデパスを寝る前に1錠処方されました。

まだ飲んで数日ですが、ビックリするくらい夜眠れるようになりました。

電気を付けたままで気がつくと朝になってます(笑)

(約8時間くらい中途覚醒無しで寝てます)

いつ寝てるのかわからないくらい、事前の眠気も無しです。

これは楽で良いのですが、昼寝もしています。

うーん。過眠ですね。

まだ飲み始めたばかりなので体調の変化は続くと思います。

自分の為にも、また減薬で苦しんでいる人の為にも記録は続けます。