うつ病原因は遺伝なの?

ブログの見出し説明





こんばんは。

おてもやんです。

本日は気になる記事があったのでご紹介です。

ちょっとびっくりする研究結果でした。

統合失調症は遺伝するのかも?というのは、海外ドラマ「クリミナルマインド」で少し触れていたので、理解はしていました。

でも、この記事では、うつ病やアルコール依存症も遺伝の可能性があるといっています。

記事を引用します。

研究結果によると、精神障害と診断された人の脳内では“健康な”脳には見られないような遺伝子発現パターンとして、分子の連続的な摂動(編注:不規則な、乱れた動き方)が多くみられたとのこと。これらは、精神障害の背景にある生物学的機能不全に共通してはっきりと確認されたのだそう。

簡単に解釈すると「精神障害の人の脳には、健康な脳にはみられない遺伝子発現パターンがある」

という事は、「遺伝」の可能性が高いという事。

もう1つ引用。

遺伝子は、細胞が割り当てられた仕事をどのように実行(または失敗)するかに影響を与える唯一の存在というわけではなく、個人を取り巻く環境も非常に大きな役割を果たします。また、何故うつ病になりやすいのか説明できる遺伝子変異はなく、精神疾患の遺伝的リスクは、多くのほぼ重要でない遺伝的変異(一般的なものからそうでないものまで。何らかのかたちで相互作用すると考えられている)からもたらされることを科学者たちは指摘しています。

これも簡単に解釈すると「個人を取り巻く環境も大事。うつ病になると説明できる遺伝子変異はないけど、遺伝的変異からうつ病のリスクはもたらされている

ここから考えると。

うつ病になりやすい遺伝子を持っている人が、環境による影響でうつ病を発病する。

こんな解釈になりますかね。

そうすると、誰にでもうつ病のリスクがあるわけではないんですね。

私の場合、子供の頃の家庭環境要因が大きいので、この記事は非常に納得しました。

元々、うつ病遺伝子を持っていても辛い環境で育たなければ、うつ病になるリスクは極めて低いって事ですよね。

うーん(-ω-;

人生で3回もうつ病になって、社会不安障害(SAD)まで発病しているおてもやんのトラウマってどんななの?

と思っている方も多いと思います。

めまい以外の体調は少し落ち着いてきているので、トラウマの記事も書いていきたいなと思ってます。